大谷翔平の英語力を動画で検証|英語スピーチ・インタビュー動画

大谷翔平




今シーズン、ロサンゼルス・エンゼルスで大活躍している大谷翔平

日本のみならず、世界各国のメディアが大谷のことを大きく取り上げています。

大谷自身もチームに溶け込んでいるようで、チームメイトと談笑する姿をよく見かけます。

ここで気になるのが大谷の英語力

ロサンゼルス・エンゼルスに移籍したのは2018年のこと。

かれこれ3年以上の月日が経過します。

一般的に3年もあれば英語が話せるようになっているはず。

果たして大谷翔平の英語力はどのくらいのレベルなのか?

色々と調べてみました。

大谷翔平の英語力

Embed from Getty Images
結論から言うと、大谷が英語でアドリブで話している動画は発見できませんでした。

既にご存知の方も多いと思いますが、大谷のそばには常に水原一平通訳がおり、大谷が話す日本語を英語に変換しています。

インタビューを受けても、頑なに日本語でしか話さない大谷。

どこかMLBの大先輩イチローに似ていますね。

イチローは20年近くアメリカでプレーしていました。

その為、英語がペラペラと言われているのですが、インタビューは日本語でしか話しませんでした。

大谷翔平は英語を話せる?

前述の通り、大谷がアドリブで英語を話しているシーンは発見できなかったのですが、彼の英語力の成長を伺えるシーンは見つけることができました。

それが移籍前と移籍後の比較↓

移籍前


こちらはMLB移籍前の2017年2月に英語でインタビューを受けた際の動画↑

この動画を見る限り、英語で質問されても、すぐに頷いていないのがわかります。

全て通訳を介し、意味を理解しているように見えます。

移籍後


こちらは移籍して3年目のインタビュー。

発言は全て日本語ですが、移籍前と大きく違う点があります。

それは日本語に通訳される前に、何度も頷いていることです。

このことから英語のリスニング力はここ3年でかなり向上しているのではないかと考えられます。

大谷の英語スピーチ


こちらは移籍して間もない頃の大谷の英語スピーチ↑

紙を見ながらなのスピーチなので、実際にどのくらいの英語力があるのか分かりませんが、発音を聞く限り、ジャパングリッシュに聞こえますね。

【まとめ】大谷の英語力

以上、大谷の英語力についてでした。

公に英語で話すことがない為、実際の英語力がどのくらいのものか分かりません。

しかし、英語での質問時の対応を見る限り、リスニング力はかなり伸びているように思えます。

尚、大谷の通訳といえば、メジャーリーグカードになる程、現地でも人気。

この2人は非常に仲が良いことでも知られています。

自分が英語で話すと、水原さんの仕事がなくなるのでは・・・。

気の優しい大谷は、もしかしたらそのようなこともあり英語でインタビューに答えないのかもしれません(完全な憶測ですが・・・)。

いずれにせよ、大谷の英語力は気になるところです。

一度、どれくらい話せるのか聞いてみたいですね。