オリンピック選手村のコンドーム|歴代大会の配布枚数

オリンピック




先日、2021年夏に行われる東京オリンピック2020にて、選手村で配られるコンドームの数が約16万個に上ることが発表されました。

昔は

オリンピックで選手にコンドームを配布?」

「都市伝説だろ?

などと思っていましたが、多くのメディアで報じられることを考えると、どうやら本当のようです。

そこで、今回は気になってオリンピック選手村のコンドームについて色々と調べてみました。

一体、いつから始まったのか?

各大会でどのくらい配布されてきたのか?

をお伝えします。

最初にコンドームが配布された大会は?

ソウル調べたところ、初めてオリンピック選手村にてコンドームが配られたのは、1988年に行われたソウルオリンピックでした。

配布理由は、性感染症の予防

ちなみに、1988年ソウルオリンピックで配布されたコンドームの枚数は8500枚

大会参加者の数が8391人だったので、単純計算で一人当たり0.98枚という数値になります。

東京オリンピック2020の大会参加者の数は約1万人と言われています。

それで配布数が16万人ということは、一人当たり16枚

世界一をかけて争うアスリートの祭典で、大会期間中に大量のコンドーム配布・・・。

なんだか違和感を感じずに入られません。

オリンピックで配られるコンドームには、オリンピックのロゴと大会名が記載されているそうです。

記念品としてお土産的な要素もあるのかもしれません。

歴代オリンピック・コンドーム配布枚数

オリンピックでのコンドーム配布枚数は大会によって大きく異なるようです。

歴代のオリンピックでのコンドーム配布枚数を表にしました↓

大会 コンドーム
1988 ソウル 0.85万枚
1992 バルセロナ 9万枚
1996 アトランタ 1.5万枚
2000 シドニー 9万枚
2004 アテネ 13万枚
2008 北京 10万枚
2012 ロンドン 15万枚
2016 リオデジャネイロ 45万枚
2021 東京 16万枚

オリンピック参加者の数は、各大会おおよそ約1万人。

選手の数は変わっていないのに、コンドームの数だけ大幅にアップしてきている印象を受けます。

気になるのは、2016年のリオデジャネイロ大会。

配布枚数はなんと45万枚

群を抜いて多いです。

なぜリオデジャネイロだけこんなに多かったのでしょうか?

これにはブラジル特有の問題が影響していたようです。

箇条書きになりますが、理由は下記の通り↓

  • ブラジルは売春が合法(売春にアクセスしやすい環境。その分、感染リスク増)
  • ブラジルは性病感染者の数が多い(16歳〜64歳で16%が性病感染経験というデータも)
  • ジカ熱対策

ジカ熱とは、リオデジャネイロ2016の前年にブラジルを襲った伝染病。

性交渉による感染は低いとされながらも、念のために多く配られたとの説もあります。

それにしても17日間というタームで行われる大会で45万枚配布とは驚きですね。

まとめ

東京オリンピック以上、歴代オリンピックで配られたコンドームの枚数でした。

来夏に行われる予定の東京オリンピック2020では、スタンダードな16万枚という数字。

16万枚の内訳は、「国内4社のコンドームメーカー × 4万枚」だそうです。

ここで気になるのは、新型コロナウイルスについて。

現在、世界で猛威を振るっている新型コロナが2021年夏に完全に終息しているとは考えられません。

そのような観点から、性交渉という”濃厚接触”は非常にリスクがあると思われます。

というよりも、このままの勢いで行くと、大会そのものが開催されるかどうかも危ぶまれています。

来年の夏、東京に世界から人は来るのでしょうか?

そして、選手村のコンドームはどうなるのでしょうか?

気になるところです。