英語で読める海外のヤフー【一覧表】12ヶ国

海外のヤフー




 

日本で圧倒的な人気を誇るニュース情報サイトのヤフー

海外のヤフーはどうなのでしょうか?

今回は英語に特化した世界のヤフー【一覧表】をまとめてみました。

世界のヤフー【一覧表】

世界のヤフーサイトを調べたところ、英語で書かれているのは下記の12ヶ国でした。

地域ごとにまとめてみました。

国名をクリックすると各国のヤフーへジャンプできます。

北米 アメリカ
カナダ
アジア
オセアニア
マレーシア
フィリピン
シンガポール
インド
アラブ諸国
オーストラリア
ニュージーランド
ヨーロッパ イギリス
アイルランド
アフリカ 南アフリカ

意外なことに、最も英語でのヤフーサイトがある地域はアジアでした。

「アラブ諸国?」と思われる方も多いかと思うので説明しておきます。

以前、サウジアラビア、UAE、クウェートなどアラブ諸国では大人気のコミュニティーサイト「Maktoob」というものがありました。

Maktoobは1650万人もの利用者がおり、アラブ世界ではオンライン人口の3分の1が使っていたと言われています。

2009年にヤフーがこのMaktoobを買収し、引き続きアラブ諸国のニュースを配信しているため、「アラブ諸国」と表記しています。

面白い海外ヤフー旅

上記の12ヶ国のヤフーは全て英語です。

よって、英語で海外ニュース・情勢を知りたい人にとっては絶好のツール。

海外のヤフーを見ていると、家にいながらどこか旅行気分になれます。

国や地域によって、取り扱うニュースは様々。

日本では全くニュースになっていないのに、他の数カ国ではトップニュースなんてこともしばしば。

イギリスはゴシップ記事が多く、インドはクリケットのニュースが多いなど地域によって特徴も異なってきます。

また、海外のヤフーは日本とレイアウトも違います。

下記の画像で見比べると分かりやすいと思います。

日本のヤフー↓
ヤフー

日本版ヤフーは左右にウィジェットがあり、記事のスペースが少ないです。

しかも記事は文字がメイン。


アメリカのヤフー↓

海外のヤフー

それに対し、アメリカ版ヤフーは左側にウィジェットはなく、その分、記事のスペースが多く使われています。

しかも記事は写真付き。

因みに、海外版ヤフーのレイアウトはほぼ全てがアメリカ版ヤフーのレイアウトと同じです。

このように同じヤフーでも、地域によって内容や特色が違ってきます。

時間のある時に英語の勉強がてら、世界のヤフーを飛び回るのも良いのではないでしょうか?

以上、英語で読める海外のヤフーサイト特集でした。