和製英語の例|和製英語一覧表|和製英語とは?意味が違う?

英語アルファベット




今回は和製英語を特集します。

和製英語は英語でJapanese Englishと呼びます。

その名の通り、日本で作られた英語です。

そのため、こちらが英語だと思って話しても、現地の人には伝わらない場合があるんですね。

時と場合によっては、大きな誤解が生じることも。

そのような事態を避けるため、しっかりと和製英語を認識しておきましょう。

ジャンルごとに和製英語の例をお伝えしていきます。

電化製品・ゲーム

日本語英語
ノートパソコンLaptop
Laptop computer
コンセントPlug
outlet
テレビゲームVideo game
ゲームセンターVideo arcade

服・衣類

日本語英語
チャックZipper
パーカーHoodie
トレーナーSweat shirt
ワンピースDress
ペアルックSame outfit

食事・住まい

日本語英語
シュークリームCream puff
フライドポテトFrench fries
バイキングBuffet
マンションApartment
フローリングWooden floor

仕事・書類

日本語英語
サラリーマンOffice worker
フリーターPart-time worker
(署名の)サインSignature
(有名人の)サインAutograph
アンケートQuestionnaire

その他

日本語英語
マンツーマンOne-on-one
コンクールcompetition
クラクションCar horn
タイムリミットDeadline

まとめ

和製英語は時として誤解を生むことがあります。

上記の中では特に「サイン」がその代表格です。

日本人はよく海外のタレント、スポーツ選手などに「サイン プリーズ」と言いますが、これは「契約の書類にサインしてください」という意味になります。

これでは相手もびっくりすることでしょう。

よって、海外の著名人にサインを求めるときは「autograph」を使うようにしましょう。

以上、和製英語についてでした。