C・ロナウドの英語力|6年で英語力が急激アップ|動画・音声

クリスティアーノ・ロナウド




サッカー界のスーパースターであるクリスティアーノ・ロナウド

ポルトガル出身のクリスティアーノ・ロナウドは2003〜2009年の6年間、マンチェスター・ユナイテッドでプレーしていました。

そのため、英語はペラペラです。

今回は、そんな彼の英語力アップを面白いほど実感できる2つの動画を発見したのでご紹介します。

渡英直後の彼は、今とは比べ物にならないくらいシャイで、英語もほとんど話せなかったのです。

英語が全く話せず、自信をなくしそうだ

そう思っている方にとって、この動画はきっと励みになることでしょう。

英語を話せない頃のC・ロナウド

まずは、英語を話せない頃のC・ロナウドのインタビューから。

この動画は2003年、クリスティアーノ・ロナウドが18歳の時のもの。

横にいるのはチームメイトのガリー・ネヴィル。

C・ロナウドのインタビューは1:15あたりから。

インタビュアーがC・ロナウドに

Are you feeling more and more confidence with each game?(試合毎に自信が深まってきていると感じますか?)

と質問するも、C・ロナウドは質問の意味を理解できていません。

たまらず、横にいるガリー・ネヴィルがヘルプで

Are you confidence?(自信はあるかい?)

と改めて聞くも、これも理解できていない様子。

おそらくですが、当時のC・ロナウドは「confidence」という単語の意味自体を理解できていなかったのでしょう。

英語を話せるようになったC・ロナウド

そんなロナウドですが、6年後には英語がペラペラになっています。

しかも、通訳までしているのです。

その動画がこちら↓


この動画は2009年、C・ロナウドが24歳の時のもの。

ロナウドの隣にいるのは、ブラジル代表のアンデルソン。

C・ロナウドは、英語が話せないアンデルソンに「英語⇆ポルトガル語」で通訳しながらインタビューしています。

これを見る限り、6年前の英語が苦手な青年の姿はそこにありません。

このインタビューのハイライトは1:03の場面。

C・ロナウドはアンデルソンに対し、

Speaking English please.

と英語で話すように呼びかけています。

6年前とは全く立場が逆ですね。

英語が話せなかった人が、人に対して英語で話すよう呼びかけているのです。

まとめ

Embed from Getty Images
以上、C・ロナウドの英語力アップを象徴する2本の動画でした。

個人的には、英語力の他にクリスティアーノ・ロナウドの風貌の変化も気になりました。

18歳の時は、あどけなさが残る田舎の少年といった感じでした。

それが24歳の時の動画では、頼りがいのある都会のお兄ちゃんといった感じ。

人ってこうも変わるものなんですね。

Embed from Getty Images

そんなC・ロナウドですが、2019年から活躍の場をイタリアへ移しています。

最近、イタリアの生活について面白い情報を耳にしました。

C・ロナウドはイタリア語をあまり勉強していないようで、イタリア語を流暢に話せないようです。

ポルトガル語、スペイン語を完璧に話せるC・ロナウドにとって、同じラテン語であるイタリア語をマスターするのは英語に比べるとかなり簡単な気がしますが・・・。

今やC・ロナウドも35歳(イタリアのユベントスへ移籍した時は34歳)。

語学は若い方が吸収力が早いとよく言われますが、あの世界的スターC・ロナウドもそうだったのか?

余計な心配かもしれませんが、ちょっとそんなことも思ってしまいした。