新型コロナウイルス|喫煙者とスポーツ選手は注意すべき?その理由

新型コロナウイルス




世界を混乱させている新型コロナウイルス

その勢いは止まることを知らず、4月1日時点で世界の感染者数は90万人を超え、死者数は4万5000人を超えました。

感染者の中に、特にお年寄りが多いというのは周知の事実。

それと同様に、喫煙者の重症化スポーツ選手の感染も目立つところです。

何故なのでしょうか?

今回は、その喫煙者とスポーツ選手がコロナに感染しやすいメカニズムをお伝えします。

あらかじめ言っておくと、僕は感染医学に関しては無知です。

しかし、表現を変えると、そんな僕でさえよく考えれば分かる構造ということになります。

タバコを吸う方、スポーツをする方は参考にしてください。

喫煙者がコロナに感染しやすい理由

前述の通り、僕は感染医学に詳しくありません。

よって、ここでは喫煙者が重症化しやすい理由というよりも、コロナに感染しやすい環境にいるということをお伝えします。

禁煙既に皆さんもご存知の通り、禁煙ブームや受動喫煙対策により、喫煙者がタバコを吸えるスペースは限られています。

下記は、それを図にしたものです。

喫煙者とコロナ
もしタウンAという街があるとしましょう。

タウンAには、喫煙所が3つしかありません。

当然、喫煙者はタバコを吸うためにこの3ヶ所に集まります。

これは、いわば密集です。

特に、休み時間などには喫煙所は混雑することでしょう。

次に、この喫煙所で起こるある行為について説明します。

煙
タバコを吸うという行為は、「吸う」「吐く」の繰り返し。

タバコを吸ったことがある人なら分かると思うのですが、この「吸う」「吐く」という行為は、意識してするものなので、普通の呼吸の「吸う」「吐く」よりも深いものになります。

ここで本題に戻ります。

このように喫煙所は、「密集」「通常よりも強く吸う・吐く」という環境になります。

万が一、その喫煙所にコロナ感染者がいたらどうなるでしょうか?

おそらく、感染リスクは、普通に人が密集している状態に比べて高くなることでしょう。

しかも、喫煙所が密室だった場合、想像するだけでゾッとします。

以上のことから、喫煙者は非喫煙者に比べて、新型コロナに感染しやすい環境にいると言えるでしょう。

スポーツ選手がコロナに感染しやすい理由

次にスポーツ選手がコロナに感染しやすい理由について。

選手 チーム 競技
酒井高徳 ヴィッセル神戸 サッカー
永石拓海 セレッソ大阪 サッカー
船津徹也選手 ザスパクサツ群馬 サッカー
藤浪晋太郎 阪神タイガース 野球
伊藤隼太 阪神タイガース 野球
長坂拳弥 阪神タイガース 野球

上記は、コロナウイルスへの感染が発表された日本人選手の一例です。

ヨーロッパ、特にイタリアでは数十人単位でサッカー選手の感染が確認されています。

プロのスポーツ選手は選ばれしもの。

それが故、人口に占める割合は非常に少ないものです。

そんなスポーツ選手が、日本のコロナ感染者2495人(4月1日時点)に複数カウントされているのは違和感を感じます。

しかし、スポーツ選手の環境を考えると、それも少し納得できるかもしれません。

そう思う理由は、下記の3点です。

接触プレー

サッカースポーツ(特にサッカー)には、接触プレーがつきもの。

万が一、接触する相手がコロナ感染者であれば、感染するリスクは非常に高いでしょう。

コロナウイルスが選手のユニフォームにつき、そこからまた次の選手、さらに次の選手へと連鎖的に拡大する可能性も考えられます。

また、スポーツ選手は、一般的な仕事に比べると、ハイタッチ、ハグなど接触するシーンが多いのも特徴です。

呼吸

全力で走ったことがある人ならば、分かると思います。

人は全力で動くと体内の酸素が不足するため、自然と息が荒くなります。

そう、あの”ぜーぜー”いう感じです。

人は無意識のうちに、不足した酸素を体内に取り込もうと、通常よりも多くの酸素を吸い込みます。

それだけ多くの空気を吸えば、近くにコロナ感染者がいる場合、自ずとウイルスを吸う可能性だって高くなる訳です。

大声

スポーツは一刻を争うもの。

スポーツ観戦に行ったことがある人ならば分かると思うのですが、スポーツ選手は結構大きな声で指示を出しています。

これは、試合のみならず練習でも同じです。

大声を出すとどうなるか?

必然的に、唾を空気中に放つことになります。

その唾はしばらくの間、浮遊することでしょう。

もし、大声を出した選手がコロナウイルスに感染していたら・・・。

密集するチームスポーツの場合、それは致命的なことになるでしょう。

まとめ

以上、喫煙者とスポーツ選手が、コロナに感染しやすいと思う理由でした。

スポーツに関しては、このご時世、自粛傾向にあるかと思いれます。

しかし、タバコに関しては、ついつい吸ってしまうという方もいることでしょう。

タバコを吸われる方は、吸いたくなった時、上記の点を思い出していただけると幸いです。